~自分軸で生きていく~ 自分の強みを最大限に輝かせてHappyに生きていこう

発掘!才能ダウジング・ワークショップ

発掘!才能ダウジング・ワークショップ

子どもには、自分の好きなことをしながら
勉強も同じくらいやって欲しいと思いますよね。

でも現実は、子どもはすぐに「できない」「無理」
と言って、やろうとしなかったり、遊んでばかりいて、
勉強しないのでつい「〇〇しなさい」と言って、
声を荒げてしまう・・・

こういう経験は、ママなら多少なりともありますよね。

このような毎日では子どもの良いところより、
できないところばかり目につき、

ママのイライラが増幅するばかりか、
子どもの成長の芽を摘みかねません。

では、どうしたらよいかと言うと、遊びと勉強を同じように
楽しむには、まず最初に「好きなことを伸ばす」ことから
始めるのかがいいんです。

子どもは好きなことや面白いことは、
自分から進んでやろうします。

たとえそれが学校の勉強でなかったとしても、
「知りたい」「やってみたい」気持ちを育てることは、
必ず学ぶ姿勢につながります。

そして、この「好き」は、「得意」になり、
それが子どもの自己肯定感につながるのです。

さらに・・・

その自己肯定感が、
「○〇もやってみようかな」と
今までやってこなかったこと、未体験のことへ
チャレンジする積極性に変わるのです。

ですから低学年のうちには、
「好き」を見つけ伸ばすサポートを
優先した方が良いです。

では、「具体的に子どもの好きを見つけ、
伸ばす方法はどうしたらいいの?」
と思いますよね。

その具体的な方法をお伝えし、毎日の子どもとの
ふれあいの中で、自然に才能を育てる方法を皆で
シェアするのが、

================

「好き×得意」の真実が分かる!
 活かし方が分かる! 

発掘!才能ダウジング・ワークショップ

================

です。

「発掘!才能ダウジング」は、
子どもの「好き」の見つけ方、それを「得意」にする
ママの接し方を心理学、コーチングに基づいて
お伝えしながら、

参加者の客観的な視点を加えて、
沢山のヒントをお持ち帰りいただく、
ワークショップです。

こんなママにお勧めです

・子どもの好きを伸ばしてあげたいが、
 できないところばかり注意してしまう。

・怒ってばかりで、子どもを委縮させているのでは
 ないかと自己嫌悪になる。

・子どもに好きなことをさせるのも良いが、
 学校の勉強は大丈夫?と不安になる。

・子どもに体験する機会を与えても
 すぐに「できない」「無理」とあきらめてしまう。

このワークショップで得られるもの

・子どもの好きを伸ばす方法や、
 得意につなげる接し方がわかります。

・子どものやる気をアップさせる
 声のかけ方がわかり、
 やる気を削いでしまったのでは?という
 自分を責める気持ちがなくなります。

・子どもの好きなことで自信を育て、
 勉強を好きにさせる接し方がわかります。

・子どもに小さな成功体験を積ませながら、
「できる自分」を自覚させ、同時に
 勉強の積み重ね方も伝えられるようになります。

主な内容

・講座開催日、1週間前に
 「スキ♡発見シート」を送付します。

・お子さまの普段の様子を観察し、
 当日までに「スキ♡発見シート」に
 記入していただきます。

・当日は、「スキ♡発見シート」を参考に、
 ダウジングシートに記入していただきながら、
 お子さまの一番好きを見つけます。

・見つけた一番好きを活かすために
 お子さまのやる気を育てる声かけの仕方、
 ママの聴く力アップの秘訣、お子さまとの
 共感方法など具体的なママの行動について
 お伝えします。 

開催概要

終了しました。次回は12月予定です。

日時:11月7日(土) 13:30~16:30

場所: 東京都千代田区神田錦町3‐21
    千代田プラットフォームスクエア
    B1プレゼンテーションルーム
    http://www.yamori.jp/access/

募集人数: 先着4名様

参加費: 10,000円 → 6,000円

  ※今回ブログ読者数1,600人記念として、
    次回より10,000円になります。

締切 : 10月30日(金)

申込方法: お問い合わせフォームに入力し、
      お申込み願います。

     
一番、脳が発達する低学年のうちに、適切なママのサポートで、
子どもの好き×得意を育てていきましょう!

ご参加お待ちしています。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional